【軟式野球】ヒットが打てなくても「点が取れる方法教えます」

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ノーヒットで点を取る為の方法をお伝えしたいと思います.。

 

ランナーに出るところから、ホームを踏んで点が入るまで........

 

早速本題に入ります

 

ワンアウト3塁でいかにゴロを転がすことが出来るか!

 

来たボールに対しバットを当てて「ゴロ」を転がす。

 

 

これが出来れば点が入るのです。

 

 

【軟式野球】お薦めマニュアル「勝つ為の戦術」

 

これは軟式野球のセオリー”3塁のエンドラン”の事である。

 

ランナーはピッチャーが投げたと同時にスタートし、バッターはどんなボールが来ても必ずバットに当てて転がす。

 

軟式特有の高いバウンドは必要無い。

 

ただただ、当てて「ゴロ」を転がすだけで良いのだ!

 

スクイズを軟式風にアレンジした仕様である。

 

軟式でエンドランが主流になった経緯は不明であるが、おおよその予想はつく

 

 

ワンアウト3塁で点を取るもう一つの方法とは?

 

それは、「たたき」である。

 

当然ご存じの方も多いと思うが.........

 

エンドランとは違い、ゴロを転がすだけでは無く、より高いバウンドの打球が要求される為、高い技術力が必要となります。

 

最後に究極奥義とでも申しましょうか、実際取り組んでるteamがあるか不明ですが、その名も「振りGO、もしくはストライクGOです!
こちらは、難易度「激高」とりますので最後にさらっと説明致します。

スポンサードリンク

エンドランとたたきの違いって?

エンドランとたたき一体何が違うの?とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが

 

両者には明らかな違いがありまして...

 

先ほども記載致しましたが、ゴロを転がすと言う点は一緒だが、ゴロの質とランナーに明らかな違いがあります。

 

 

バッターの違い

エンドラン

打球の質に関係なくただただバットに当てて「ゴロ」を転がすだけで良いのです。

 

たたき

文字通りボールを上から叩いたような「高くバウンドする」打球の事です。

 

ランナーの違い

エンドラン

ランナーはピッチャーが投げたと同時にスタートをきり、ホームベース目掛け一直線にダッシュします。

 

タタキ

ゴロの行方を確認して、行けると判断してからのスタートとなります。

 

【軟式野球】お薦めマニュアル「勝つ為の戦術」

 

それぞれのメリットとデメリットも書いておきましょう!

 

メリット

エンドラン

ランナーがスタートをきっている為、ボールに当ててゴロさえ転がせればかなりの高い確率で「成功」となります。

 

タタキ
  1. バッターが空振りしてもランナーはスタートしていないので、アウトにならずに済む。
  2. バッターがアウトになるまで何回でもチャレンジ可能
  3. 相手チームはタタキと知っていても防ぐことは出来ないので、バッターは堂々とタタキに専念出来る
  4. ボール球は振らなくてすむし、カウントも気にしなくて良い

 

デメリット(メリットの逆になってしまいますが......)

エンドラン
  1. バッターが空振りしたら、ランナーはほぼアウト。
  2. サインを読まれて外されてもほぼほぼアウト

 

タタキ
  1. そもそもバッターがタタケなければ成立しない戦略となります。
  2. バッターの実力次第
  3. ランナーの走力によってはタタキのサインすら出すことが出来ない!

 

【軟式野球】お薦めマニュアル「勝つ為の戦術」


合わせてそれぞれのポイント(注意点)も書いておきましょう!

エンドラン

ランナーのスタートがポイントとなるのだが、盗塁とは違い
早すぎるスタートはピッチャーに手の内がバレて、投げる寸前で外される為「NG」である。

 

※ベテランのピッチャーだと、投球動作に入ってから投げる寸前までランナーを直視してますので、少しでも怪しいと感じたら外してきます!

 

ピッチャーの目線がキャッチャーに向いた事を確認してからスタートするのが良いのですが
理想はスタートを切らず、ピッチャーを見ながら徐々にリードを大きくとり、ピッチャーの目線がキャッチャーに向いた瞬間に「一気にスタート」する事をお薦めする。

 

そーする事で、動きからエンドランだと悟られる事を防げて、確率を増す事が出来れるでしょう!

 

チームの決めご事!

ランナーはどうしてもピッチャーの動きから目が離せないため、キャッチャーに視線を送ることが出来ていません。

 

仮に、エンドランのサインが出てたとした場合、ランナーはピッチャーとスタートに注力しており
バッテリーがエンドランを警戒して外したとしても、気付くのが遅れてしまいます。

 

ですので、キャッチャーがウエストして外してきた場合はチーム全員でバッターとランナーに知らせる事がポイントとなります。

 

※座って外した場合は致し方ありませんので諦めましょう!

 

タタキ

難易度:最高峰

 

バッターやランナーには高い技術力が求められます。

 

バッターの技量に応じて使い分けをするのがお薦めです。

 

タタキ方を正しく習得しよう

いかにしてワンアウト3塁を作れるか!

ワンアウト3塁でいかに点を取るかについてお話ししてきましたが、そもそもワンアウト3塁を作ることが出来なければお話になりません。

 

そこで、次はワンアウト3塁をいかにして作って行くか、軟式風あるあるで確認して行きたいと思います。

 

そもそも長打を打って3塁まで進めれば良いだけの話と思われるであろうが、そんな事は稀であり方法とは言えないのである。

 

では、ノーアウト2塁やワンアウト2塁を作る事だったらどうだろうか?

 

長打を打つよりは現実みがあり、十分達成可能ではないだろうか!特にワンアウト2塁だったら一試合に何回か訪れても何ら不思議ではないだろう

 

ノーアウト2塁で何をする?

 

普通過ぎて恐縮ですが、「普通の送りバント」になります。

 

理想は3塁側に転がし、サードに捕らせるのがベストでしょう。

 

サードはバントがくると分かっていてもランナーが要るため、不用意に前に出る事は出来ません。

 

サードが前に出てくるようなバントをする事が出来れば成功となります。

 

※ピッチャーも投げたら3塁側に下りてくるものだと言う事も十分理解しておきましょう!

 

ワンアウト2塁では何が出来る?

 

それでは可能性を挙げていきましょう!

 

ヒットを打つ、普通に当たり前すぎますね
次はセーフティーバントで3塁1塁を作るですね
特に左バッターが成功を収めるケースが多い様ですが、バントの精度で成功率は大きく変わります。

 

そして、意外と成功するのが盗塁(3盗)です!

 

2盗と違って一発勝負では有りますが、有る特徴があります。

 

それは「足の速さ」はあまり関係が無いと言うことです。

 

遅過ぎては話になりませんが、特別速くなくても以外と成功するのです。

 

むしろ、若干遅いと思われてる状態の方が成功する確率はグンと上がります。

 

3盗成功のカギは「スタート」と「勇気」と「左ピッチャー」そして・・・

 

一発勝負のギャンブルスタート

 

3盗は2盗と違って投げてからのスタートでは完全に分が悪いので、投げる前にスタートしなければなりません(完全に盗む)

 

盗塁は無いと思わせながらも、牽制も無いと判断した時に初めてチャレンジ出来ます。

 

更に成功率を高めるカギとなるのが「左ピッチャー」である。

 

ランナーに背を向けているため、視界には2塁ランナーが入って来ません
情報を得る手段は野手の声のみとなるため、牽制が無いと判断したなら
投球動作に入る直前にギャンブルスタートします。

 

3盗は分が悪いとお伝えしましたが、それは相手チームも同様に思っているのです。

 

すなわち、形上は盗塁を警戒し牽制をしたり、ショートがそれらしい動きをして来ますが
実際は、ルーティンであり本当に警戒しての動きとは違うのです。本心は「どうせ走ってなどこない」と高をくくってるはず。

 

その心の隙を上手く突いて盗塁を仕掛けるのです。

 

成功の「コツ」はピッチャーの癖を盗む事である!

 

これは、投げ方のクセと言うよりかは、2塁ランナーがいるときの牽制も含めた癖である。

 

牽制には幾つかのパターンが存在するのだが、簡単に説明しよう。

 

  1. .野手主導の牽制
  2. ショートやセカンドからのサインで行う牽制

  3. キャッチャー主導の牽制
  4. ピッチャーはランナーを見ずに、キャッチャーのサインやタイミングで行う牽制

  5. ピッチャーのタイミングで行う牽制
  6. ランナーの動きを見ながら、必要と感じた時に行うが、投げるまでは行かず外す程度で終わる事が多い。

 

簡単ですが、以上のようなパターンが見受けられると思います。

 

では、癖を見抜くとお伝えしたが、今回気にかけるパターンはと言うと
3番目の「ピッチャーのタイミングで行う牽制」に付いてである

 

ピッチャーからの牽制に関して言うと、実は以外と少なく気になった時にプレートを外すぐらいで
投げるまではいかない事がほとんどなのですが
ピッチャーの牽制はもう一つあって、目でも牽制しているのです。

 

この目で牽制しているの時の癖(パターン)を見抜く事が成功の「コツ」なのです。

 

ピッチャーはセットポジションに入ると必ずランナーを見ますが、何回見るのか!パターンは幾つ持っているのか!目線をキャッチャーに戻して直ぐに投げるのか?

 

これらの情報を収集出来れば、あとは少しの勇気で成功する事間違い無しでしょう!

 

如何にしてワンアウト3塁を作るか!についてお話ししてきましたが
ワンアウト2塁で、2人でヒット一本を求める事が本来は普通であり当たり前なのかも知れませんが、今回はノーヒットで点を取るためには?にこだわってお話しさせて頂きました。

 

ただ、ワンアウト3塁でエンドランが主流となって行った事と何か通ずる物があるのではないかと思います。
ヒットを狙うでも無く、外野フライを打つでも無い【ただのゴロ】を打つそんな歴史
言い換えるとそれだけ、軟式野球で『打つこと』は難しいと言うことなのでしょう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加