プロ野球選手から学べ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

プロ野球選手から学べる事とは

 

プロ野球選手は、みんなの憧れであり、目標でもある。

 

 

そんな選手から学べることは本当に多く、テクニックだけでは無く、取り組む姿勢も見習うべきことが多い

 

 

プロから学べることは技術だけとは限らない

 

 

プロ野球選手も、生まれた時からプロ野球選手ではない、当然ではあるのだが・・

 

 

持って生まれた才能、センスも少なからず必要ではある、しかしそれだけでは『絶対にプロにはなれない』

 

 

誰にも見せことなく、知られることなく・・・常に努力を続けているものです。

 

 

だから、そんな努力量を知れば、大変さと同時に・・・『プロになれる可能性』も少しは見えるのではないでしょうか!

 

 

これだけ努力しなければプロになれないのかと思うか、これだけ努力すればプロになれる可能性があるのかと思うか

 

 

見方でこうも違ってくるのだ。少し脱線したが、誰にでも目指す権利があり、可能性があると言うのことを知ってもらいたいのです。

 

プロになる近道とは・・・

技術のプロフェッショナル集団

 

~脱線ついでに~

 

プロ野球選手は技術のプロフェッショナル集団である。

 

 

投げる、打つ、守る、走るにおいて人より秀でているテクニックがあるからこそプロになれるのですが・・・
しかし、すべてにおいて長けている選手はほぼいないのである。
どれか一つでも他の人より秀でていればプロ野球選手になれる可能性があります。

 

 

とは言っても、投げるボールは人並みだし、変化球の切れも人並と秀でた部分は特にない・・・
そんな人は投げ方を変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

サイドスローやアンダースローなどは絶対数が少ない為、貴重な存在です。
だからこそ、需要がある為、速度が人並でも変化球の種類が少なくてもプロになれる確率が高いのです。

 

 

後は、野球のプロが上手に起用してくれます。

 

 

ほんの一例ではありますが、人がやらない、人とは違う『唯一無二』・『オンリーワン』の存在となり
レア度を増してアピールしていくことで夢が現実のものになっていくのではないでしょうか!!

スポンサードリンク

~投手編~

トッププレイヤーから学ぶ~投手編~

 

投手は投げるだけが仕事ではない、投げた後は9人目の野手として動かなければならない

 

バント処理からカバーリングなど幅広く行動するしていくが、どれ一つとっても単純ではなく沢山のパターンが待ち構えているのです。

 

 

投球フォーム

 

 

プロ野球選手といえど、基本無くしてオンリーワンはないのです、必ず基本をマスターしてから
次のステップに進むのです、そうでなければ威力のあるボールも投げれない、故障しやすい投げ方になってしまうのです。

 

 

理にかなった投げ方をマスターしよう

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加