オフにやるべき事~その②

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

オフにやるべきことでお伝えした、年間を通して試合に出る機会に恵まれなかった選手について

 

練習を続けましょうとお伝えしましたが、具体的に何をやればいいの?と思う事でしょう

 

シーズン中にやらない、出来ない練習をメインに取り組めば良いでしょう

 

シーズン中はどうしても全体練習をメインにバランスよく取り組むようになってしまいます、

 

打つ、守る、走る、連携・・・

 

など、チームとして取り組む内容が多いはずです。

 

オフになればグラウンドは空いてます、

 

練習メニューもありません自由に、練習内容を決める事が出来るのです

 

そこで、昨シーズンを少し振り返ってみましょう。

 

なぜ出場機会に恵まれなかったのでしょうか。

 

監督、コーチから明確な指示はありませんでしたか?

 

何を求められてましたか?思い出してみて下さい

 

何かしらの指示が出ていたと思います、

 

もし何も指示を受けてなければすぐに確認して下さい

 

何が足りなかったのか

 

何を求められてたのか・・オフに取り組む練習内容が自ずと見えてきます

 

何の練習をやるか決まったら、

 

繰り返し同じ練習をして下さい「出来るようになるまで、何度でも

 

このような練習こそオフにもってこいです、もう一つオフの期間にやるべき事は

 

バッティングホームなどを変える(いじる)大改革です、

 

かまえや、スイングの軌道修正、ステップ、体重移動など

 

根本的に見直すにはオフに取り組むのがベストになります。

 

スイング習得時のリスク」で記したように

 

ある程度、まとまった時間が必要になります、

 

シーズン中にも取り組むことは可能だが途中で挫折する可能性が高くなる

 

上記にも書いたようにシーズン中は自分だけの時間(練習)が取りにくいため

 

大改革が進まず、目先の結果を優先してしまい元のスタイルに戻してしまう事が非常に多くみられる

 

改革中は、今までよりも結果が出にくいものです、

 

まだまだ途中でありお披露目できる状態ではなのです

 

それでも戻す事無く、諦めずに先を見据え取組み続けれるのであれば、

 

何も言いません、思う存分突き進んで下さい

 

そんな方には、限りなく明るい未来が待ってる事でしょう

スポンサードリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加