全ては一歩目で決まる②

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

「多くの○○と○○の積み重ね」とはいったい!

 

もうお気付きの方もいらっしゃると思いますが、ショートやセカンドなどを守られてきた方は特にピンと来たのではないでしょうか

 

それは

 

「多くの知識と経験の積み重ね」
があったからだったのです。

 

センスや体格などは一切関係なく、野球を知ることで判断力が上がり、誰よりも速く一歩目を動かす事が出来ていたのです。

 

ここで言う知識とは?

バッテリーは、バッターを打ち取る為にあの手この手と、どの様に打ち取るか常に考えています、ですので要求する球種やコースには必ず打ち取る為の意図があるのです。

 

このコースに、この球種を投げれば、引っ掛けてゴロを打ってくれるとか、

 

外を意識させておいて、インコースにストレートを投げ、詰まらせて打ち取るなど・・・

 

球種やコース、カウント、追い込むまでの経緯、仕留めに行くボールで、どの様に打ち取れるのか、数多くのパターンを知ることが必要となります。

 

その全てにおいて、『トータル的に知っておくことが、知識だと思っております』

 

ショートやセカンドは、バッテリーの意図をサインを通して知る事が出来ますので、知ってる知識をフル回転させ
飛んでくる方向を限定していたので、一歩目を速く動く事が出来ていたのです。

 

ファーストやサードについては、コースは見て分かるので、
何かしらの形でショートやセカンドが球種を伝えれば、
一歩目に生かす事が出来るわけです。

 

そーは言っても、ファーストやサードは左右どちらかって言う判断は出来なく、飛んで来そうか否か、
打球の速さぐらいしか見極めが出来ないと思います。

 

 

経験については

先ほど、コースや球種によって引っ掛けさせたり、詰まらせたりと、
打ち取る為の方法についてお話ししましたが
あくまでも、一般的に当てはまるセオリーとでも申しましょうか、基本の部分にほかなりません。

 

そのため、セオリー通り攻めても期待通りの結果に繋がらない事が多々あるのではないでしょうか?
そんな時に役に立ってくるのが、「経験」だと思ってるのです。

 

バッターはタイプごとに幾つかのパターンに分類が可能なのですが、
そのバッターの特徴を瞬時に見抜くスキルこそ経験が成せる技だと思うのです。

 

 

知ってる知識に経験を上乗せし、さらに精度を上げていく事が可能となります。

 

実際に経験から身に付くものは沢山あります、例題を交えながら確認しましょう!

 

皆さんは日々練習に励まれてると思いますが、バッティング練習時に、守備に着いて学んで頂きたい事があります。

 

自分のチームのバッターに付いて観察していただき、見る目を養って欲しいのです。

 

バッターにはそれぞれ特徴があり、体格も違えば、タイプも違ってくるので、打球の性質が多種多様となります。

 

それぞれのバッターに対して、得意なコースや不得意な球種、飛んでくる方向を「スイングから見抜く」技を、身に付けて欲しいのです!

 

チーム内のバッターでしたら、常に観察する事が出来ますので、繰り返しトレーニングして、学んでいきましょう。

 

スイングから見抜くとは?

 

・バットの軌道で打てるコースや苦手なコースを見抜く事が出来る

 

・打球方向をミートポイントから探る

 

・変化球に対応出来そうか見極める事が可能

 

など、

 

まだまだ沢山ありますが、スイングには多くの情報が詰まっています!

 

注意点

 

実際にボールを打つ時のスイングでトレーニングして下さい。素振りとバッティング時では大きな違いがありますので。

 

 

ここでもう一つ、経験で身に付くものを紹介したいと思います

 

それは

自陣のピッチャーについてです

 

ピッチャーは大変デリケートなポジションですので
どんなに優秀なピッチャーでも、毎回調子の良いピッチャーなんていやしません
日によって変わったり、イニング毎に良くなったりと様々ではないでしょうか?

 

そんなピッチャーの状態を随時確認しながら予測を微調整していけるのです!
どんなときに役立つのか?

 

その日のコントロールによって・・・

キャッチャーの要求に対して、構えた所にボールが行ったり行かなかったりするのは当然と言えば、当然ですが

 

どの程度の割合で構えた所に行かないのか?またどの程度ズレて方向はどちら側なのかが重要なポイントになります。

 

例えば、右ピッチャーが右バッターのアウトコースをめがけて投げるとします。

 

アウトコースを基準に、左側にズレる分にはボール球になるだけで済みますが、
右側にズレた場合はど真ん中に行き、絶好球となります。

 

すると、アウトコースに対しての打球方向を予測するだけでなく、
真ん中よりのボールに対してもフォローしなければいけないことが解ったと思います!

 

その日のコントロールによって飛んでくる方向の予測を変更させる事が必要となります。

 

以上のことから
一歩目の判断の速さは

 

「バッターを打ち取る為の知識」

 

「スイングから読み取る事が出来る経験」

 

そして「ピッチャーの状態による予測の調整」から
来るものと言う事が言えるでしょう。

 

各項目に対しての例題は少なめでしたが、日頃の練習や試合の中から考えられる、叉は起こりうる事を見つけ見て下さい。

 

自分で見つけたものは【自分の宝】となります、宝をたくさん見つけてください!

 

 

【守備上達教材】最新売れ筋ランキング


スポンサードリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加