スポンサードリンク

コツを掴んで上手くなろう

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

ゴロを上手にさばくには幾つかのコツがあります

 

その中でも最もポピュラーなのはプレーを見ていて上手いなと思う選手の動きを真似る事です。

 

ボールを捕るためのポイントを要所で押さえておけば、上達も速いでしょう。

 

近くに上手い選手、手本になる選手が居ない時などは下記のポイントを参考に取り組んでみては如何でしょう!

 

先ずはボールを捕球する際のポイントです

 

捕ってから出来るだけ素早くスローイングしなければいけない為

 

如何に「投げる事を想定して捕球姿勢に入るか」を考えて取り組むかがポイントとなります。

 

投げる方向や、投げやすさを意識し、ボールに対し右側から回り込むように入るのです。

 

すると、足は自然と投げる方向に向き、無理に身体を捻ったりせず、一連の動きの中で動作する事が出来るでしょう!

 

ボールの捕球位置

 

ボールを捕るには大きく分けて3つの捕球するポイントがあります。

 

『ボールの上がり際』か、『ボールの頂点』『ボールの下り際』の計3ヶ所です。

 

このポイントでボールをさばくよう心掛けます。

 

このポイントでさばく事でミスは格段に少なくなるでしょう。

 

捕球姿勢

 

次に、捕球時の姿勢になりますが、先ず向かってくる球足の速いボールについては

 

両足を肩幅より少し広めに取り、左足を前に出す。

 

一方、右足は靴一足分後ろに下げ、膝を曲げ腰をしっかりと落としましょう!

 

必ず捕球方向にへそを向けるよう心がけて下さい。

 

へそを向ける事により顔もボール方向を向くようになります。

 

手だけで取りに行くと、目とグローブの距離を一定に保てなくなりグローブの色んな所にボールが当たるようになります。

 

すると、ボールの勢いを上手く吸収出来なくなりファンブルしたり、

 

ボールを上手く掴めず投げるときに握り返したりとスムーズな動きがとれません。

 

結果、力んだり慌てたりして悪送球に繋がる訳です!

 

グローブのいつもの定位置で捕ることがアウトにするためのカギになるでしょう。

 

グローブは下から上に動かすを基本にしよう!

 

なぜ?よく聞く言葉ではないでしょうか。そこにはきちんとした理由があるのです!

 

ゴロを捕球する際、グローブを上から下ろすように取りに行くと、

 

一度下まで下がってから上に上げなきゃいけなくなります。

 

無駄な動きが多く、時間が大きくロスいたします

 

グローブを下から(地面)上に動かすことで、

 

無駄な動きがなくスムーズな動きになる事は①でもお伝えしましたが

 

もう一つ重要な役割があります

 

それは、捕球したボールを一度「へその所」へ持って行きボールの勢いを完全に止める動作をするのですが、

 

その際、グローブが下から上に動作する流れの中で行う必要があるからです。

 

※へその所ではホンの一瞬「間」をおくぐらいです。ワンクッション入れるイメージ。決して何秒も止める訳ではありません

 

 

お子さん向けのゴロ捕球方法

 

 

【守備上達教材】最新売れ筋ランキング


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク