スポンサードリンク

ミスが7回でも一流

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

打率3割なぜ一流と称されるのか

 

そもそも、3回も安打になったと思うのと、7回もミスしたと思うのは内容は一緒でも響きや考え方がまるで違う、正反対だ

 

10回打って7回ミスしても一流って野球だけでしょうね!

 

それだけ難しい事なんだと改めて気付かされます。

 

誰が決めたのか

 

そもそも、誰が言った言葉なのでしょう

 

勝手に数字を決め、ターゲットになり、限界までも決めてしまったようにさえ思える

 

過去の実績や数値からくるものだとは思うが、一様に3割を超えたあたりから進化を止める?ように思えるのだ

 

本当に限界なのか?それとも満足してしまってその先を目指さないのか?

 

線引き

 

3割とはある種の線引きなのだろうか、一流とそうでないものの・・・

 

それともある種の称賛の線引きなのか

 

そこに辿り着いた者にしか分からないのだろう、それも一度や二度ではなく何度も辿り着いた者にしか

 

目標値

 

当然指導者も目標値として設定するだろし、選手も最終的な目標として設定に使用するだろう

 

 

これらはあくまでも通過点と考え、その先にある本当のゴールを目指す一つのターゲットとして見てほしい

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク