バッティングの正しい知識

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

バッティングに正しい答えは「今のところ」無いのだ

 

だからこそ、身近な所で目標を見つけ目指して真似てみる

 

 

一流で一番は誰だ!

 

極端な例をあげるなら、

 

有名な野球選手ではイチロー選手や現役を引退した松井さんなんかは、

 

共に超一流のプレイヤーでみなさん目標にされてたのではないでしょうか。

 

特にイチロー選手の打ち方は、ものまねした方も多かったと思います。

 

そんなお二人は才能も実力も実績も申し分ありませんが、

 

最終的な完成された型なのでしょうか?

 

もしそうだとしたら、どちらを目指すべきか?

 

タイプは両極端です。

 

安打を量産し時にはホームランも打てるイチロー選手のようになるのを目指すか。

 

はたまた、ホームランを量産し打点も稼ぐ松井さんのようになるのを目指すか。

 

このお二人を比べた場合、最終的には選ぶ人の好み次第ではなかろうか、

 

当然、本人の体格は選別の基準になるでしょう。

 

しかし、真似ても決して本人を超える事は出来ません、

 

あくまでも真似はマネにすぎないのです。

 

真似をきっかけに、バッティングについて学んでいきましょう、

 

なぜこう構えるのか、構えた時のバットの位置は?

 

足の上げ方や足が着いたときの体の移動は?

 

トップ時のヘットの位置は?

 

スイングの軌道は?ボールを捕らえるポイントは?

 

変化球が来て体制を崩された時の膝は?軸足に体重は残ってたか・・・・など

 

打つまでの動作の中でいくつかポイントをあげてみました。

 

 

どうしてそうするのか?なぜそう動くのか?色々な事に疑問を持ってください、

 

行動の裏には全てに意味が有り、理由があるのです。

 

その事にいち早く気付けるのが「真似」なのです

 

真似から気付きを得て正しい知識を知るのです、

 

そしてオリジナルを作り自分の物にしてください

 

新しく正しい知識を作ってください、正しい答えに近づいてください。


身近な目標と組み合わせ・・・

何も、お手本がプロ野球選手ばかりとは限らないのです。


 

同じチームの先輩や同級生、対戦相手の同じポジションを守る選手など、

 

お手本は限りなく身近に沢山いるのです。

 

少し目線を変えてみましょう

 

 

少しずつ良い所を吸収してみては

 

一人の選手から沢山学ぼうとするのではなく、

 

複数の選手からちょっとずつ良い所を分けてもらう事です

 

早速真似てみよう

 

真似ようとしたのだから良いと思うところがあったはず、ではそのウイークポイントのみに絞って真似てみよう

 

ミートが上手い選手、長打力がある選手、流すのが上手い、参考になる所は沢山存在するでしょう!

 

自分に合ったバッティングを作り上げていってください、一度では完成しないものです

 

微調整を繰り返し、何度もお手本を変えていき完成させてみてください。

 

するとわかることが・・・

 

いろんなバッターの良いところ全てを足そうとしてもうまくいかない事に気付くハズです。

 

良いバッターはそれぞれ自分にあった持ち味を持ってます、それは体格や、タイプにより違う為、

 

それぞれをプラスしてもプラスにならず、マイナスになることもあるのです。

 

全ての良い物が共存することは不可なのです。

 

 

【バッティング教材】最新売れ筋ランキング

スポンサードリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加