配球は読めるのです

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

少し大げさかもしれ知れませんがピッチャーの実力や場面、状況で球種やコースを読む事ができるのです

 

まずは予想しやすい場面について進めていきます

 

ランナーなどが出塁してるときなどは絞りやすいものです

 

アウトカウントにもよるがランナー1塁などは、バント、盗塁、エンドランなどバッテリーが警戒しなければいけないことが多いのです
そうすると、盗塁を警戒しストレート中心の球種になりやすかったり

 

ノーアウトだとバントやバスター、エンドランを警戒しつつも、無駄なランナーは増やせないために厳しいとこを避け外中心のコースを選択したくなるのです
2アウトだったら当然、盗塁と長打を警戒しますのでやっぱりストレートと外中心になるでしょう

 

ランナー2塁などでは

 

単打でも失点の可能性があるためバッテリーは慎重になりますが、ストライクが入らない事には始まらないので

 

変化球に絞って待っていると初球からチャンスが広がるでしょう

 

一方、1塁が空いてるので厳しい所を攻め最悪フォアボールでもと思っているかも知れません

 

これは自分自身の打順やその日の成績、後はイニング数でも変わります

 

ランナー3塁では

 

バッテリーが気を付けるのはパスボールやワイルドピッチ、このバッターと勝負するかしないかです

 

低めの変化球はパスボールやワイルドピッチにつながりやすいため、2ストライクと追い込まれるまでは

 

待ち球から除外して良いといえるでしょう、この場合ボールからストライクになる変化球やストレートに絞りやすい状況です
バッターとの勝負は初めから決めてるときと、カウントを見ながら後で決めるパターンと幾つかあります

 

とにかく、厳しく攻めて甘いボールが行かないよう注意するはずです(ボール球が先行しやすい状況になるはずです)

 

厳しく攻めるあまりデッドボールや四球もあるでしょう

 

 

上記で案内したのはほんの一部にすぎませんが、ピッチャーのタイプ、その日の調子などで更に配球は読みやすく変化しますので
前はこうだったから今回もと言うよりは都度違うものと捉えるよう心がけしたほうがよいといえるでしょう

 

是非、バッテリーの気持ちになって見れば予想もし易くなるのではないでしょか!

 

 

【バッティング教材】最新売れ筋ランキング


スポンサードリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加