スポンサードリンク

ハーフバッティングからの学び

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ハーフバッティングとは・・・

 

よく試合前などにするあれである

 

緩いボールを5~8割程度の力で、ミートを意識したコンパクトなスイングです

 

※緩いボールに合わせてスイングも緩くしてはいけません、注意しましょう

 

試してみると意外と簡単でイメージ通りの打球が飛ぶものです、

 

しかし、イメージと異なる打球や上手くとらえられないと言った場合などは

 

基礎が出来ていない可能性がありますので注意が必要である

 

打ち方の基礎を見直すキッカケとなるでしょう。

 

話が少し脱線しましたので戻します、

 

ここからはハーフバッティングがある程度出来てる事を前提に進めていくことにします。

 

ハーフバッティングから学べる事とは

 

普通のバッティングとハーフバッティングの違いを見つけよう

 

ではハーフバッティングでは出来て、普通のバッティングだとできない、

 

叉は普通のバッティングで出来るのにハーフバッティングだと出来ない、

 

どのような違いがあるのでしょう

 

まずはボールのスピードに違いがあります

 

続いて力の入り具合や力を入れる場所に違いが出るでしょう

 

ボールのスピードにより打つポイントが違うなど

 

後はハーフバッティングだから打てるだろうと言うプレッシャー位でしょうか。

 

結構違いはあるものです。

 

項目ごとに細かく見ていきましょう

 

ボールのスピードの違いについては、当然スピードが速いとボールの威力が増しますので

 

振り負けまいと力む事でしょう。遅いボールなら余分な力は不要なはずです。

 

力も必要ですが、力を入れる場所とタイミングが合わなければ

 

通常のバッティングではハーフバッティングのような打球を飛ばす事は出来ません

 

ミートよりも力で対抗することの方に意識が強くなるため、

 

力んでしまい本来のスイングから遠ざかる事になるのです

 

速いボールだとタイミングは合いやすいですが、

 

緩いボールでは自分のポイントに呼び込むのは意外と難しいものです

 

 

基礎が出来てるかどうかの判断は、緩いボールを投げてもらい自分のポイントに呼び込んで

 

打ててるかで確認が出来ると言えるでしょう

 

ゆえに、ハーフバッティングは調整だけとは言えない事に気付きます

 

視点や考え方を見直す?変える?だけで可能性は無限に広がるのです。

 

どうですか!一度試してみてみては、いろんな気付きに出会う事でしょう!

 

 

【バッティング教材】最新売れ筋ランキング

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク