スポンサードリンク

腕の力は悲しいほど非力

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

体全体の筋肉量の比率

 

体全体の筋肉量を100%とした場合

 

下半身(へそ下)の筋肉量が約70%、上半身が約30%である。

 

上半身30%のうち、腕の筋肉は5~15%と言ったところだろう。

 

この数字を見ただけでも無力感は否めないだろう

 

 

実際こんな練習をしてみたことがある

 

回転式の椅子に座り、足は浮かせて腕の力だけでバットを振りティーバッティングをしてみた、

 

結果は悲しいほどボールが飛ばなかった・・・非力なものだった、

 

バットは波を打ち早いスイングはおろか、まともに振れてすらいなかったのだ

 

あとは、足を揃え気を付けした状態で、

 

腰は回さず腕のみの力で振ってみた、

 

椅子に座った時よりはましで、ボールの飛距離も伸びた

 

これは上半身30%の力で打ったことになる

 

、固定式の椅子に座り足を地に着けた状態と同等である。

 

腕のみよりは格段に飛距離がアップした事になる

 

腕は伝えるだけで説明したように

 

元々非力な腕に頼らずスイングした方が理想的で無駄のない型になるのだ。

 

 

【バッティング教材】最新売れ筋ランキング


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク