スポンサードリンク

腕はバットに力を伝えるだけ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

バットを早く振ろうとすればするほど・・・

 

伝える役目に徹して

 

はじめは、体とバットを繋ぐ存在やバットに力を伝えるだけの役目と捕らえるといいだろう、

 

下半身に蓄えた力を余すことなく腕を伝ってバットに届け、ボールに力を返していく。そんなイメージだ!

 

 

どうしても腕や手首に力をいれてバットを振りたくなると思う

 

当然と言えば当然である。力を入れなければバットは振れないし

 

ボールを捕らえても飛ばない気がするからだ。

 

しかし、本当は逆で腕に力を入れれば入れるほどヘットスピードは鈍くなるのだ

 

確かに、力を入れて振ると振った感があり、

 

ヘットが走ってると思うのだ。実際はボールを打つと分かるが

 

思ったほど遠くに飛ばない事に気付くだろう、

 

手に残る感触はあるのだがボールは飛ばない、ヘットが走って無い証拠である。

 

せっかく下半身で貯めた力が腕に来たところで拡散しバットに伝わる力が少なくなってしまう、

 

そうなっては元も子も無いのである。

 

「腕の力はバットを握る力以外は不要」なのである

 

 

【バッティング教材】最新売れ筋ランキング


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク