スポンサードリンク

長打の後は要注意!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

私が見てきた人にこんなバッターがいた!!

 

 

長打を打った後はしばらく不調のトンネルから出て来れなくなるバッター

 

彼は(右バッター)不調になる前は必ずレフト方向に大きなあたりを飛ばしてました

 

ポイントは次の打席にあります。

 

前の打席の大きな当たりをどうとらえるかで上向きになるか、不調になるかが決まります

 

よし、次もと思えば当然次の打席も長打を意識して打席に入ります

 

すると、自然と振りは大きくなり、ポイントは若干前になり、始動も早くなる

 

打てるポイントがさらに限定されることになり、

 

そこにボールが来なければ手も足も出ない

 

本来のスイングからは程遠い形になり、スイングが崩れていき、ズレが生じる

 

大きな打球を飛ばした彼が悪い訳ではない、

 

ただ先ほどの長打がいつものスイングからでた結果だと気付くか気付かないかで

 

そのあとが大きく変わる事になる

 

もし違いに気付かず突き進んでしまうと、進んだ時間の分だけ戻る時間もかかると思っていた方がいいだろう

 

ズレる個所が少なければ軌道修正も早いが、多いとそれだけ戻すのに時間がかかることになる


悪循環

ストレートに詰まったバッターの悪循環

 

間違った対応で苦戦するバッター

 

ストレートに絞って待っていたバッターが、詰まって内野フライや空振りで凡退したとする

 

次の打席では、速さに負けまいと始動を早くし、より早いスイングを心掛けるだろう

 

当然、腕に力が入りすぎ、スイングは遅くなりバットのヘットは遠回りをする事

 

これが、悪循環の始まりである。不調になってる原因を見誤り対処法を間違える

 

すると、ステップする足はどんどん開くので、体(肩)も開き顔も胸もピッチャーを見てしまう

 

さらにスイングスピードは遅くなる、仮にボールに当たっても打球は飛んでくれなくなっている

 

 

真因をつかめ

 

 

不調になるには必ず原因があり、真因が存在する

 

それらを見誤らずに早期に対処する事が不調に陥らずにすむコツなのである

 

対処法としては、単に自分で気付くか、人に教えてもらうか、ビデオに撮ってもらうか

 

幾つか方法はある

 

ビデオに撮ってもらうなら、いい時も撮っておいてもらうといいだろう

 

違いが見て分かる、その時は色々な角度から撮っておくようにすると尚いい

 

 

【バッティング教材】最新売れ筋ランキング

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク