小さい頃に教わった野球

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

みなさんは野球をはじめた頃どのように教わりましたか

 

「基本はキャッチボール」、「ボールを取る時は両手」、「ゴロは正面で」、

 

「ボールを最後までよく見なさい」、「腰の回転で打ちなさい」、「腰を開かない」

 

「基本はセンター返し」

 

など、沢山教わったはずです。

 

当然、三者三様、十人十色ではなかったでしょうか

 

正しい事から、言葉は理解できるが「腰の回転で打ちなさい」、「腰を開かない」など、どっちと思うことも沢山あったかと思います。

 

子供の頃に教わった事って本当に大事で、今後の野球人生を大きく左右すると言っても過言ではないと思う。

 

だからこそ、正しい基本と、正しい知識は必要であり、欠かすことが出来ないのである。

 

いかに良い指導者に出会えるかも又大きな分れ道となりでしょう

 

お父さん、お母さんも良き指導者になるきっかけと、手助けが出来れば嬉しいです。

 

一番初めに教えるのは「野球は楽しい」という事です。

 

ここが始まりであり、全てです。

 

教わった練習方法

教わった練習方法もさまざまでした

 

とてもシンプルなものが多かったと用に思います。

 

相手の胸に投げなさい、その為のキャッチボールやボール回し

 

スイング100回、ティーバッティング、センター返し、ボールの芯を打ちなさい、ライナーや、ゴロならOKだがフライはダメだとか

 

今思えば、センター返しをするにはどのようにスイングをするのか、どのような練習をすれば身につくのか、ザックリと教わったのか、

 

あまり憶えていない。沢山言われすぎて分らなかったのが本音ではないだろうか。(多分教わってはいないだろう・・・)

 

そして、理論に基づいて教えてもらったことが無かった様に思う

 

大人になって思えば、教える方も持ち合わせている知識の中でしか教えれていなかったのだと思う・・・。

 

十分に知識や経験のあるプレーヤーでも人に教えるのはとても大変で難しいのである。

 

それも理論に基づいて伝えるのはなかなか出来る事ではない、いくら経験があっても理論的に説明できる人は少ないように思う

 

どこどこの誰に教わったから間違いないなど、プロ野球選手が行ってたから間違いないなど、

 

多くの人はこの類ではなかろうか、これではその子に会ったレベルで指導する事は出来ない。

 

物事には必ず順序があるからだ、基礎を飛ばし応用を先にしても出来るはずがない。

 

上手くなるどころか上達すらしないように思える。野球の楽しさを知る前に辞めてしまうことだろう

 

そうならない為にも、基本について伝えていこうと思う。

 

子供に教える為にまず、学びましょう。正しい知識と方法を、素人でも必ず教える事が出来るようになります。

スポンサードリンク

子供に野球を教えるコツ

子供が野球をやってる、お父さん、お母さん。
『子供に野球を教えるのってホントに難しいですよね!』

 

大人に教えるのだって大変なのに、子供に教えるのはもっと大変だと思います。

 

そんなお子さんをお持ちの親御さん、又は少年野球や、シニヤ、ボーイズ、中学軟式野球、高校野球を
教える指導者の皆さん

 

是非、より多くの知識を学び子供たちに、正しい技術を教えてみませんか!

 

今まで行ってない新しい練習方法などは子供たちの大好物です。

 

様々な情報が飛び交う現代で良い情報から、悪い情報まで何でも手に入る時代の中
知識だけなら豊富な中学生や高校生に対し理路整然と論破し納得させる事が出来る知識
ぜひ手に入れて、尊敬の眼差しで見られてみませんか?

 

 

野球を始めたばかりのお子さんはとても飽きやすく、一つのことを続ける事が出来ません、キャッチボール一つとっても
上手く投げれない、取れない、何からどう教えたらいいのか、皆目見当もつきません

 

そんな子供のレベルに合った指導が可能になります。

 

子供に見させてもいいでしょう!一緒に見て学ぶのもいいでしょう!

 

教える順序や内容そして『正しい知識』が手に入ります。

 

 

 

〖特に野球をやったことのないお父さん、お母さんに見て頂きたいです〗

 

野球をやったことがなくても問題ありません、子供と一緒に学んでください。

 

やらなければいけない練習は子供がします、後は正しく練習できているかどうかをチェックしていくだけです。

 

『正しい知識を学び、正しい練習を行い、正しい目でチェックしてもらう』

 

このことが本当に大事なのです、技術を習得する順番や、練習する内容など事細かに教えてくれます。

 

 

ルールや細かいプレーは徐々に覚えていくのであまり気にしないでください。

 

問題は正しい知識で学ぶ守備やバッティングなのです。

 

野球を始めるときに知っておくのがベストです、正しい知識の元練習し習得できるからです。

 

一方、中学生や、高校生、そして大人になってからでも遅くはありません。

 

いつやるかではなく、どこまで真剣にやれるかがポイントになると思います。

 

上手くなると言う気持ちが技術を進化させるのです。

 

 

いろんな教え方や、聞いたことのない知識を沢山学んで下さい。

 

見えなかった世界が見える可能性があります

 

例えば、プロ野球や社会人野球などトップの環境で野球ができる可能性がUPします。

 

情報を提供するのは元はプロ野球選手ですので、日本で最高の技術習得方法や指導方法を学ぶことが出来るのです。

 

オールラウンドプレイヤーを目指すもよし、守備のスペシャリストを目指すもよし、

 

やっぱり憧れるのはホームランバッターかな、目指したいと思う気持ちが一番だと思います。

 

ホームランを目指すなら、少し欲を出し、打率と打点も合わせて目指してほしいと思う

 

それが十分可能な情報だと思います。

 

是非、『レベルや環境、年齢』によって最適な情報を選択してください

 

必ずレベルにあった物が見つかるはずです

 

誰よりも上手くなってプロになり活躍しましょう!

 

 

【野球を始めたお子さんの為の教材】最新売れ筋ランキング

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

【子供に野球を教えるテクニック】記事一覧

キャッチボールとフライ処理上を見ながら動く事に慣れていこう!まず試して頂きたいのが、上を向いたまま動くと言う事です。歩くことは問題無く出来るのですが、走ったりと素早い動きが出来ない事に気付くでしょう。この事を踏まえて、キャッチボールの時に相手方に上にボールを投げてもらいましょう。浅いフライから、高いフライとためして行き、フライに慣れてきましょう何もない空にボールがぽつんと浮かんでるように見えますボ...

子供は親とやるキャッチボールが大好きです。だけど、ボールに慣れてない為、ボールが来ると正直怖いのです。グローブははめているのですが、目はつぶり腕は伸びきり、体は横に逃げてるのです。グローブを握る事も、グローブの何処で取るのかも知らないのです。何も教えなくても、逃げる事と投げる事は出来てるものです・・・。そんな状態を克服するため、先ずはグローブは使わずに素手でボールに触れる事に慣れていきましょう目を...