ボムボールをたたくコツ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

軟式球を高い確率でたたくには

 

軟式ボールをたたき高いバウンドをさせる打ち方について

 

ここで説明する打ち方は、言葉で伝えるのにはとても難しく、伝わりにくい所もあると思います,

 

経験者の中でも上級者であれば理解して頂けると思いますが

 

選手や生徒に教え、練習させるには難易度が高い為注意が必要かと思います

 

初心者の方はスルーして頂いて結構です、読まれるのであればさらっと流してください

 

 

単に高いバウンドをさせるのであれば、ボールを上から叩けばいいのでは?と思うことでしょう

 

その方法は誰でも思いつきますので、わざわざここに書くことではないですね

 

仮に上から叩くよう指導したとします、最初は遅いボールから始めていきますのでうまく行きますし

 

打球もめちゃくちゃ高くバウンドしますので「これで良いじゃん」と思うのですが

 

しかし、次第に球速を上げて行くと空振りが増え叩けなくなるのです、そーすると叩く事より

 

まず、当てる事に意識が向きます、当てること集中しすぎるあまり、体はつっこみ気味になり

 

手打ちになって行くのです、手打ちですから力弱く、ボールに対して打ち負けるのです

 

今度は打ち負けまいと、更に腕に力が入ります。,結果悪循環となり空振りが増えてしまいます

 

決して良い方法とは言えません

 

 

それでは右バッターを例に説明していきます

 

まずピッチャーが投げたボールを四分割してみてください、四分割したらボールの右上、右下、左上、左下と分かれますが

 

投げたボールの「左上のみを打つ」です

 

何?と思われた方もいらっしゃる事でしょう!

 

ボールの左上を打つイメージをしてみてください、イメージ出来ましたか?なかなか難しかったのではないでしょうか。

 

どー打ったらいいか、どー振ったらいいか悩みますよね

 

逆の発想でイメージしてみましょう!

 

ド真ん中のボールの右下を打つ場合でみてみましょう、捕らえるポイントはいつもより前に置き、

 

バットのヘッドを下げたアッパー気味で腕を伸ばした状態でとらえる

 

すると、打球はレフトのファール方向に高いフライで飛んで行くことが確認できます。

 

どうでしょうか!この方法ならイメージ出来たかと思います

 

では本題に戻ります、今度は右下の逆ですのでポイントは出来るだけ体の近くまで引きつけ、

 

バットのヘットを立て、脇を閉め腕をたたんだ状態でとらえます

 

そーする事でボールを点ではなく線でとらえることが出来、空振りのリスクを軽減出来るのです

 

ヘッドが立っているためフライやライナーになりにくいし、高いバウンドも打つことを可能にしています

 

 

ワンポイントアドバイス

 

上から叩くとボールとバットは線ではなく点でとらえることになるので空振りが増えます

 

したがって、ダウンスイングはNGです

 

いくらポイントを体の近くまで引き付けようと、ヘットを立てようと最後にダウンスイングしては元も子もないのです

 

たたきを意識し過ぎず、上記のポイントに重点を置いて「振る」すると自然にゴロになり、次第に高いバウンドが打てるようになるのです

 

高度な技術が必要かも知れませんがトライしてみては如何でしょう、イメージするだけでも違いはあるはずです

 

スポンサードリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加