ランナー3塁での武器

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

軟式特有のスタイル

 

一昔前は、1アウトランナー3塁と言えば「エンドラン」そのぐらい王道だったと思う。

 

これは軟式球の特性を生かした何とも理にかなった作戦だったのではなかろうか

 

ボールの特徴はゴム感がとても強く、柔らかく変形しやすい物でした

 

なので、硬式球よりもよくバウンドし、野手からしても守りずらかったのではなかろうか

 

 

硬式で言えばスクイズが一般的ですが、軟式ではスクイズでは無くなぜエンドランが定着して行ったのでしょう。

 

一つ言えることは、軟式ボールをバントするのがとても難しいからではないでしょうか

 

後は、ゴロの時の打球の速さが関係してると思われます

 

硬球ですと、野手は待ってればボールがやってきますが、

 

軟球はボールが高くバウンドするため野手が前に出て行かないと

 

ボールを取ることが出来ないケースが多く

 

野手がボールを手にするまでの時間が長いのでそのぶんランナーは前に進み、

 

成功率が上がったのではないか。

 

理由はその他、沢山あると思いますが、軟式特有の戦術ではなかろうか

スポンサードリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加