打つボールが違っても基本は一緒です

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

硬球でも軟球でも基本は一緒です

 

基本的に硬式も軟式も打ち方や考え方は一緒で、変わりは無いのです。

 

ただ、『ボールに特徴がある』為、

 

その特徴をうまく使った打法は幾つかあるので紹介していきます。

 

ポイントはボールの硬さにあるのです

 

硬式球は石のように硬く、軟式球はゴムで出来ているので、強く握るとボールは潰れます

 

このボールの堅さの違いが攻略のヒントとなります。

 

・硬式:バットの芯でボールをとらえる

 

・軟式:ボールの芯をとらえる

 

これは、似て非なる物なのです

 

硬式はバットの芯にさえボールを当てる事が出来れば、

 

多少芯からずれて当ってもボールはツブれる事無く飛んでくれるのです。

 

その際、浮力が生まれボールは遠くに飛んでいくが、

 

軟式はボールの芯をとらえないとボールは飛ばない、

 

大体が距離が伸びず内野フライになる。ファールにすらなってくれないのだ。

 

ボール自体が柔らかい為、しっかりとボールの芯をとらえないとボールに力が伝わらず飛ばないのです。

 

一方、バットの根っこに当たっても、

 

ボールの芯をしっかりとらえれば優に外野の頭を超えていく。

 

特に、つまった場合などは、外野手は判断に困る、

 

つまってる為、当った時の音も鈍く判断しにくいのです。

 

ボール自体はしっかり芯を捕らえてるので力が伝わり、

 

思った以上に伸びてくる、どの結果野手は憶測を誤り頭を超えられてしまう。

 

ボールの芯とバットの芯が合わさったらどこまで飛んでいくのかと良く思ったものだ。

 

軟式の打ち方と言うよりかは、軟式ボールの特徴を良く理解し、生かした打ち方と言えるだろう。


スポンサードリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

【軟式球の打ち方】記事一覧

軟式特有のスタイル一昔前は、1アウトランナー3塁と言えば「エンドラン」そのぐらい王道だったと思う。これは軟式球の特性を生かした何とも理にかなった作戦だったのではなかろうかボールの特徴はゴム感がとても強く、柔らかく変形しやすい物でしたなので、硬式球よりもよくバウンドし、野手からしても守りずらかったのではなかろうか硬式で言えばスクイズが一般的ですが、軟式ではスクイズでは無くなぜエンドランが定着して行っ...

たたきとは?たたきは簡単に言うと、ごろを転がすことです(進塁打)欲を言えば高いバウンドをさせ確実にランナーを進塁させるだけでなく、自分も生きるのが理想であるメリット・デメリットそれぞれあるがまずはメリットから紹介して行こうメリット・エンドランをかけなくても進塁させる事が出来る・ボール球は打たなくていい・空振りしてもランナーに影響なし・リスクを下げる事が出来る(1アウト3塁など)・何回でもチャレンジ...

軟式球を高い確率でたたくには軟式ボールをたたき高いバウンドをさせる打ち方についてここで説明する打ち方は、言葉で伝えるのにはとても難しく、伝わりにくい所もあると思います,経験者の中でも上級者であれば理解して頂けると思いますが選手や生徒に教え、練習させるには難易度が高い為注意が必要かと思います初心者の方はスルーして頂いて結構です、読まれるのであればさらっと流してください単に高いバウンドをさせるのであれ...