コーチャーBOXで学べる事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

実は、コーチャーは試合をする上でとても重要な役割なのです、ベテランが立つ事が多い
軟式野球では監督が自ら3塁コーチャーに立つことも少なくない
特に3塁コーチャーは重要で、試合の勝敗を左右する場面に遭遇する機会がある
それだけ重要な為、野球を知っていないと出来ないし任せることも出来ないのだ
控え選手の仕事と言うふうに思われがちだが、大間違いである
選手の能力(走力)をきちんと把握し常に先を視なければいけない
先を視ることが出来るからこそ誰よりも早く、正しい判断が出来る
この先を視る力こそがコーチャーで学べることなのだ
走塁のみならず、守備の時でも当然役に立つのだ
守備の時は特にパターンが無限に存在するため、沢山の予想が必要とされる
これはまた別の機会に述べたいとおもいます

 

配球を予想したりして勉強することも出来ます、ただランナーがいないときにしましょうね!

 

スポンサードリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加