スポンサードリンク

センスが仇になる

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

どんなスポーツでも、センスの良い選手は存在するものである

 

野球でも同じことが言える、

 

ちょっと教えただけですぐに出来てしまう、エリートと言われてきた選手は大抵そうだ

 

 

実は、そんな選手ほど要注意である

 

すぐに出来てしまう選手ほど、すぐに出来なくなる

 

どうせ、練習すればすぐに出来るなどと思って、

 

練習を甘く見てる傾向がある

 

当然練習をしないのだから、体に染み付くはずもなく、

 

いつの間にか全然出来なくなってしまうのだ

 

そして、エリートとして今まで来たので壁と言う物を知らない、

 

アレ今回はなんかうまく行かないぞ

 

まっ、今日は調子が良くないだけだ、

 

次は大丈夫などと事の重大さにすら気付いてないことがほとんどなのである

 

 

本当の要注意はここからなのだ

 

スランプに陥った事のない選手は「脱出の仕方をしらない」
調子が良くないだけなのか、形が崩れてるのかすら気付かずに日々だけが進んで行き、

 

より深いスランプにはまっていく

 

原因を特定出来てないのだから仕方がない

 

人に教えてもらう事なく今まできたから、

 

他人に教えてもらう、みてもらうという発想すらない

 

かりに、人に視てもらおうと思ってもプライドがじゃまをして聞くことが出来ない、

 

なんとも寂しいのである

 

指導者の方が的確な判断を早めにしてあげることが

 

最善、最高の対応ではではないでしょうか

 

 

一方、器用ではない選手、どちらかと言えば不器用な選手はどうかと言うと

 

一度や二度では習得できず何度も何度も繰り返し練習をするが

 

一度覚えてしまえば、そのあとは継続してパフォーマンスを披露できるようになる、

 

体が覚えているからこそだろう

 

 

一見、センスの良い選手の方が優れてるように思えるが、問題は習得した後である

 

どれだけ自分の物になったか、高い次元でパフォーマンスが披露出来るかが重要で

 

習得の速さだけで選手の善し悪しを判断していけないのである

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク