スポンサードリンク

野球は上手いからこそ面白い

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

小学生の頃なんとなく始めた野球だったが、いつの間にかのめり込み
気付いたら夢中になってた

 

必死で練習し、何よりも野球を最優先にしてた・・・

 

早く練習がしたくて、授業が終わるのが待ちきれなかった

 

練習をすればするほど上達し、上手くなるのが手に取るようにわかった

 

取れなかったゴロが取れるようになったり、打てなかったボールが打てるようになり

 

試合にも出してもらえるまで成長しました。

 

試合は練習の何倍も楽しくて、ものすごく興奮したのを覚えてます。

 

ただ同時に、すっごく緊張したのも覚えてる

 

不安になったりワクワクしたり落ち着かないこともあった。

 

試合で活躍すれば、周りのみんながすごく喜んでくれて

 

親や周りのお父さん、お母さんがすごいね~と褒めてくれる

 

それがとても嬉しく、気持ち良かった。

 

また言われたくて次も頑張ろう そう思うようになっていた。


実力は普通だった

しかしそんな良い状況ばかりは続かなかった・・・ 中学生になり、各地区から有名で、 上手い選手が続々集まってきた。 内心ビビりながらも平静を装い、動じないふりをしたものです ただ、絶対負けないぞ!と 心の奥底で沸々と燃えていたのを覚えています。 幸運にも、レギュラーとして試合に出る事が出来たのだった。 ただ、この頃になると自分の実力も分って来ていたのだ だからこそ・・・

上手くなる為の努力

自分よりも肩が強い人や、自分よりも遠くに飛ばす人、ボールまでの足の運びに無駄がない人など、 どれも自分には無く憧れと嫉妬が常にあった だから、誰よりも『練習した』のだ。 同じ練習を何回も何回も、出来るまで続けたものです。 来る日も来る日もうまくいかなくて悩んで考えて工夫して続けたのです すると、ある日今まで出なかった事が出来るようになったのです この時の事は今でも鮮明に覚えてます 恐怖に打ち勝ち唯一無二の技術を手にしたのです 自分が思い描く最高の形で動けた、やっと掴んだ なんとなく出来た事とは違い、努力して努力してやっと掴んだ物だから 体が覚えてるのです、 一度出来たら嘘のように次からは何の迷いもなく出来てしまうのです 今までの苦労はなんだったのかと思うくらいに・・・ そのあとは、何時でも同じパフォーマンスを続けて披露できるまでになった 【野球教材】最新売れ筋人気ランキング
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク